小さな庭づくり

我が家もエクステリア商品を購入してきてDIYにチャレンジしました。我が家の場合には、親や親戚が大工仕事をしていたため、自分たちで施工ができましたが、通常はエクステリアリフォーム業者に任せたほうが良いと思います。

素敵な庭の空間をイメージしたかったのが最初の希望でした。家の中からキレイな空間が見えたり、室内に日光がたくさん差し込む住まいなので明るさもあるのもウリなんです。庭は完全に通行人からは見えないプライバシーを守った空間にもしたいと思っていて、外部からの視線を気にしない庭づくりを行うことができました。もともとから、セミクローズ外構だったので、あまり視線についてはお金をかけることはありませんでした。

庭に石材を使ってアプローチを作ったのも楽しかったです。石材に決めたのは、天然の質感や見た目、ひとつひとつ形が異なるから自然っぽさがあり、家族みんなで決定しました。アプローチは石の形にも沿うように波形みたいにして、庭を端から端まで歩けるような雰囲気で作りました。

また、芝生を敷きたいと思ったのですが、手入れが大変になることも知っていたため断念しようかと考えたのですが、草花を植えることで取り入れることができました。お花のお手入れや水やりをすることになれば、芝生にも自然に手が入ります。このアプローチを使って、夏は夕涼みができています。樹木も背の低いものを選びました。エクステリアデザインとして可愛らしい水瓶を置いてみたり、ガーデンライトを設置して、夜にライトアップさせたりしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*