人形の家

友人が家の塗装を塗り替えるといっていました。忙しい友人で、色を選ぶ時間もあまりないようですし、色に特別こだわりもないようです。友人の家はツートンで、したが濃いベージュ、上は薄い白に近いベージュです。特に言われなければ友人のいえの外壁の色を思い出す事は出来ないようないろです。さてさて、塗装が完成したというので、早速前を通りかかり見にいきました。私は正直驚きました。何故かというと、前は上下のツートンでしたが、今回は左右のツートンだったからです。結構大胆に色分けしたと思いました。しかも、、友人の言うとおり、シルバ二アンファミリーの家のようになっているからです。シルバにアンファミリーはおもちゃのウサギの一家の家です。誰もが持っているおもちゃかもしれません。家まで持っている子は少ないかもしれませんが、見てすぐにシルバにアンファミリーの色だとわかりました。家は出窓の部分が出っ張っていて、その部分に濃いオレンジ系のいろで、後の引っ込んでいる部分が白系なのです。白系のベージュです。ぱっと見、その建物の凸の部分のオレンジ系がぱっと目に入ってきて、それから全体お見て、シルバにアンファミリーを連想させます。友人はわかっていてこの色にしたのか、それとも進められてしたのか、詳細はわかっていません。周りは落ち着いた色合いの家が多い中で通りに面したこの家は目立っています。塗装した事でかわいさ倍増といった感じです。わたしは、自分の好みではないですが、こんな色合いもありだとおもっています。友人は、気にしていないようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*