築40年の実家の部屋を塗装しました。
まず、3畳の部屋を実家に帰った時に仕事で使いたかったので、そのために塗装をしました。
天井は茶色で、日当たりは良いのですが、暗い印象だったので、珪藻土が入っている簡単珪藻土と、いう塗料で塗ることにしました。
色は一番明るい白で。ピュアホワイトで塗ることにしました。
全く初めての作業だったので、勝手が分からずとりあえず、近くのホームセンターへ行き塗装初めてセットのようなもので、トレイとはけとローラーがセットになっているものを購入しました、
塗りたくない部分を保護するためのマスキングテープも購入しました。
天井を塗るのは、ずっと上を向いての作業で、腕もずっとあげっぱなしになるので、なかなか大変でした。
翌日は首も腕も筋肉痛でした。
だんだんと塗っていくうちに、最初ににローラーで塗れないはじの方は刷毛でまず塗っておいてから、その後は全体的にローラーで塗ると効率的で、仕上げりがキレイだと分かりました。
下地に塗るシーラーをその時は知らなくて、そのま塗ってしまったので、天井の汚れや木のあくがででしまい白で塗ったのもあり、くすんだベージュのようになってしまったため、1度塗りで大丈夫だと思っていたのですが結局、3度塗りまでして、やっと完成しました。1度塗の時点できちんと乾いてから作業しなのかったので、所々むらになってしまったりと汚なくなってしまったのですが、きちんと乾くとキレイに、なっていました。
天井を塗りとてもキレイにぬれたので、その後部屋の柱全部と壁も塗ることにしました。
珪藻土で、塗ったのでカビ臭い感じもとれ、部屋も明るい感じになり今では、本当にやって良かったです。