塀と門をリフォームしてスッキリ

マイホームを建てて10年以上経過したという友人が、大がかりなリフォームをしました。
その中で最も印象的だったのが、塀のリフォームです。塀の高さを低くし門を無くすことで、以前よりもスッキリとしました。
以前は塀が高くて、室内が暗くなってしまうのが気になっていたそうです。今回のリフォームで室内に明るい光が差し込み開放的になりました。
リビングの日当たりが良くなってから、真冬の昼リビングで過ごす時間が長くなったと言っていました。リフォーム前は昼間電気をつけなければならない事もあったようですが、その必要もなくなったそうです。
塀はプライバシーの配慮のイメージが大きかったのですが、今回友人がリフォームしたことで、室内に与える影響も大きいと知りました。
塀を低くすることは、風通しの良さにもつながります。強風の日はマイナスですが、風が気持ち良い日は快適に過ごせるでしょう。
そして、門を無くしたことも、スッキリ見える理由の1つです。門があることでプライバシーが守られる印象がありましたが、友人宅の場合は玄関までの道のりが長いのであまり気にならないそうです。門を開閉する手間が省けて楽になったと言っていました。
お子さんが小さい頃は、お庭で遊ぶ時の安全を確保できて門の必要性を感じていたようですが、年々お手入れを含めてめんどうに思っていたそうです。
住宅全体のスタイリッシュなデザインにもよく合っていて、素敵だと思いました。

人形の家

友人が家の塗装を塗り替えるといっていました。忙しい友人で、色を選ぶ時間もあまりないようですし、色に特別こだわりもないようです。友人の家はツートンで、したが濃いベージュ、上は薄い白に近いベージュです。特に言われなければ友人のいえの外壁の色を思い出す事は出来ないようないろです。さてさて、塗装が完成したというので、早速前を通りかかり見にいきました。私は正直驚きました。何故かというと、前は上下のツートンでしたが、今回は左右のツートンだったからです。結構大胆に色分けしたと思いました。しかも、、友人の言うとおり、シルバ二アンファミリーの家のようになっているからです。シルバにアンファミリーはおもちゃのウサギの一家の家です。誰もが持っているおもちゃかもしれません。家まで持っている子は少ないかもしれませんが、見てすぐにシルバにアンファミリーの色だとわかりました。家は出窓の部分が出っ張っていて、その部分に濃いオレンジ系のいろで、後の引っ込んでいる部分が白系なのです。白系のベージュです。ぱっと見、その建物の凸の部分のオレンジ系がぱっと目に入ってきて、それから全体お見て、シルバにアンファミリーを連想させます。友人はわかっていてこの色にしたのか、それとも進められてしたのか、詳細はわかっていません。周りは落ち着いた色合いの家が多い中で通りに面したこの家は目立っています。塗装した事でかわいさ倍増といった感じです。わたしは、自分の好みではないですが、こんな色合いもありだとおもっています。友人は、気にしていないようです。

普段会話のない父と娘

ソファに座り寛いでいると、父親が珍しくパソコン画面と向き合っていた。
父親、「調べるには、どうすれば良いの?」
私、「調べたいワードを入力して、最後はエンターキーを押せば良いのよ」
父親、「何処に入力するの?」
私、「空白のところよ」
父親、「ひらがな入力するには、どうすれば良いの?」
私、「面倒くさいわね、何を調べたいの?」
父親、「家の塗り替えについて」
父親に代わって私が入力をすると、父親の表情が緩んだ。
私、「これで良い?」
父親、「文字は大きくならないのか?」
私、「見えないなら、眼鏡をすれば良いじゃない」
眼鏡を掛けた父親がじっくり見ているのは某塗装会社のサイト。そのサイトには、塗り替えに掛かる費用の相場や手順、塗料の種類などが詳しく書いてあるのだが
父親、「他のサイトを見たいんだけど」
仕方がないため、他のサイトを検索してあげていると
父親、「口コミって見れないの?」
私、「何の口コミを見たいの?」
父親、「塗り替えをした人の口コミ」
某塗装会社を利用した人の口コミが載っているサイトを開いてあげた。
数分後
父親、「他の口コミも見れる?」
私、「今、見ている口コミは消して良い?」
父親、「まだ、ダメ」
新しいタブで、他の口コミが載っているサイトを開いてあげた。
数分後
私、「他の口コミも見る?」
父親、「うん」
口コミを見終えた父親、「ありがとう」
父親が部屋からいなくなった後、パソコンの電源を消すのに父親が見ていた口コミが載っているタブを消そうとすると、口コミに目が止まった。
目が止まった口コミには、家の塗り替え費用は子供と折半したと書いてあった。
他のタブの口コミには、子供が結婚をする前に家の塗り替えをしたと書いてあった。
しかも、私がその口コミを見付けやすいように、文字が大きくなっていた。
私への当て付けで、口コミの載っているタブを開きっぱなしにしたことは明白なため、家の建て替えが載っているサイトや嫌われない老後の過ごし方が書いてあるサイトを開いておくと、父親が全額負担して家の塗り替えを行った。
我が家の塗り替えをしてくれた業者さんの口コミには、塗り替えをしたことで長く住み続けられると書いてあるが、それを書いたのは私。

塗り替えをしたからといって、長く住み続けるわけではない

1階建ての隣の家が、外壁の塗り替えをすると挨拶に来られると、両親は喜んだ。
なぜなら、外壁の塗り替えをするということは、今後も隣には1階建ての家が残ることを意味するから。
父親、「お隣さん、子供はいないの?」
母親、「いるみたいだけど、一緒には住んでない」
隣の1階建ての家が取り壊されると、次は2階建ての家が建つだろうから、そうなれば私の家は日当たりや眺めが悪くなる。
父親、「お隣さんのお爺さんは何歳?」
母親、「他人のお爺さんの年齢なんて知らないわよ」
父親、「介護施設は利用している?」
母親、「たまに介護施設の車が来てるわね」
父親、「お隣さんが夫婦揃って介護施設に入ったら、お隣の家はどうなるんだろう?」
お隣さんの塗り替えをキッカケに、我が家も塗り替えをすることになった。
父親、「1階建ても2階建ても、塗り替えに掛かるお金は、そんなに変わりはないな」
母親、「2階建てのほうが1階建てより多くの塗料を使うのに?」
父親、「うん。足場代に結構お金が掛かるんだ」
母親、「お隣さんは1階建てでも、足場を組んで塗り替えをしてたわね」
父親、「お隣さん、どこの業者さんで塗り替えをした?」
母親、「そんなの知らないわよ」
翌日、父親がお隣さんから、塗り替えを行った業者さんについて聞いて来た。
母親、「何処だって?」
父親、「ネットで調べて一番評判の良い業者さんに、塗り替えをやってもらったんだって」
母親、「お隣さん高齢なのに、ネット検索が出来るの!?」
私、「ネットが普及したのは今から20年前よ。お隣さんが現在70代なら、20年前は50代。50代ならお父さん達と同じじゃない」
我が家も一番評判の良い業者さんをネットで調べて依頼すると、お隣さんの塗り替えをした業者さんと同じでした。
塗り替えで今後も長く住まれると思っていたお隣さんだが、現在は民泊施設として貸し出されている。

10年目の外壁塗装、住宅メーカーか塗装業者か!?

昨年、大手住宅メーカーの10年目を迎えたマイホームの外壁塗装です。
新築当時から住宅メーカーの保証更新制度に入っていたので、防水や防蟻のメンテナンスは考慮し、資金の準備もしていました。
しかし10年目の点検時に、外壁と屋根の経年劣化を指摘され、塗装も勧められました。しかし屋根と外壁の塗装だけで予定した工事が200万円ほどプラスに。
外壁の劣化も今すぐ悪いことが起きるというようなものではなかったのですが、急に200万円を出費となるとかなり躊躇しました。
フッ素を使用した塗料で費用が高いのも予想はしていましたが、まさかここまでとは思わず、
一端検討することを伝え、地域の塗装業者へ見積もりを依頼しました。
そこでびっくり、大手の半分ほどの予算で可能と見積もりが・・・・
金額の差が腑に落ちず、住宅メーカーの担当者に理由を尋ねてみたところ、
「品質や施工に自信がるということはもちろんですが、
住宅メーカーとして、住宅の保証を維持し続けるために、会社を存続させるそれなりの利益が必要です。
弊社で施工を一貫していただければ、困ったときにずっとご相談に乗れますし、他社で施工された箇所については保証出来ません。」
と、営業トークも兼ねて正直にお答えいただきました。
また、外壁塗装は住宅メーカーで15年の保証、塗装業者の保証は3年〜5年とのことでした。
この違いは塗料だけでなく、塗り重ねる回数にあり、工期も金額も大きく変わるということを今回知りました。
かなり悩んで悩んで結局は、塗料の選択肢が多く、住宅メーカーが使用する塗料と同じもの扱える地域の塗装業者へ依頼することになりました。

今回は住宅メーカーの半分の金額で素敵な色の塗り替えができ、新築のような綺麗な外観に満足しています。
施工中も、足場の設置日から毎日の工程をお知らせいただいたので、信頼もできました。
特に足場の設置・解体や高圧洗浄の日程は、ご近所に迷惑をかけかねないので知っていて本当に助かりました。
高い費用を払って長く保証してもらうよりも、費用を抑えながらこまめにメンテナンスできる方が自分に合っています。
実際塗って、イメージと違うと思うかもしれませんし、塗料の色に飽きてしまうかもしれません。
200万も払って、10年近く我慢出来るのか?というのが決め手でした。
高いから絶対に良い、安いから良くないというものではなくて、
今は、自分にあった外壁塗装の施工業者を選べるのだということがわかりました。

現金な母親

祖父の家の塗り替えが決まった。
塗り替えを決めたのは父親の兄弟、つまり、祖父の子供たちだ。
祖父の家と言ったが、祖父はもう居ない、住んでいるのは祖母だけ。
祖父母揃って健在の時から、祖父母が住む家のことを私は「お爺ちゃんの家」と呼んでいる、お婆ちゃんも居るのに。
私、「お婆ちゃんは家の塗り替えに賛成なの?」
母親、「どうだろ?」
母親がそう答えるのは、祖母は祖父の思い出が詰まった家に愛着があることを知っているから。
父親、「塗り替えをしないと、雨風で家が傷むんだよ」
私、「それは分かるけどさ・・・」
雨風で傷むウンヌンではなく、家の塗り替えにより、祖父の思い出までが塗り替えられるのではと懸念をしているのだ。
祖父の家は、祖父が建てた。
実際に家を建てたのは大工さんだが、祖父母が頑張って働いて住宅ローンを支払った。
家を建てる苦労を祖父母から何度も聞かされた私達家族が住むのは、賃貸マンション。
賃貸マンションだと、マンションの塗り替えに何とも思わない。
分譲マンションに住んでいる友達に、マンションの塗り替えについて聞いてみると、「興味がない」と言っていた。
その友達は、祖父母とも健在。
父親、「今度の休み、爺ちゃんの家に行くぞ」
私の父親は、自分の父親のことを爺ちゃんと言う、父親の兄弟も自分の父親のことを爺ちゃんと言う。
母親、「家の塗り替え前に行くの?どうせ、家の塗り替えが終わってからも行くんでしょ?だったら、塗り替えが終わってからだけで良いじゃない」
先ほどまでの母親は、祖父の思い出が塗り替えられる家の塗り替えに懸念を示していたのだが、祖父の家に行くとなると御土産を持って行かなくてはならないため、金銭的なことが絡んで来ると急に考えがドライになる。
結局、家の塗り替え前と後の2回、祖父の家を訪れたのだが、母親の機嫌は悪くならなかった。なぜなら、祖母から祖父の形見のアクセサリー(貴金属)をもらったから。

外壁塗装 北区

外壁塗装は比較して選ぶべきだと感じました

外壁塗装をしなければならないとは思っていましたが、とこが良いかわからず気がついたらダラダラ時間が過ぎていき、本格的に探さなくてはとなったときには結構剥がれたさている状態でした。ゆっくり比較している暇はないなと思っていて焦って探してしまい、複数から見積もりを取ることがありませんでした。電話での対応はとても親切で良いと感じたし、料金の内訳も出してもらって見積もり金額に納得できたのでお願いすることにしました。施工の日程もきちんと決まったし作業に来てくれた人は職人という感じもありました。実際に作業には特に不満はなく、仕上がりも綺麗でよかったなと感じましたが、後日知人と話していると知人も外壁塗装を考えているらしく、調べていると依頼先により料金に大差があることがわかったと言っていて、話を聞くと本当にリーズナブルな業者で腕が良いところもあるとのことで、焦って依頼したのは失敗だったかもしれないなと感じました。塗料の種類も複数あると知人は言っていましたが、特にどんな塗料が良いかと聞かれてもいなかったので少し不安な気持ちになってしまいました。外壁塗装の仕上がり自体は良いですが、金額を思うともう少し比較したら良かったなと感じています。外壁は塗装しても十年ほどでメンテナンスしなくてはならないということも聞いたので、次に塗装を依頼するときにはもう少し比較してからにしようかなと思うし、早めに探し始めたいです。

対応が丁寧で満足

外壁塗装を一度しましたが、その後6、7年で剥がれてきてしまいました。保証期間もそれほど長くはなかったし、内容もイマイチだったので塗装してもらった会社に何か言っても無駄だろうなと感じたし、他の業者に塗装してもらおうと思って探し始めました。外壁塗装に関して知識がないまま最初の塗装をしてもらったので、塗料の種類が複数あることも知らなかったし、実際に塗装に関して調べてみて初めて知ることも多くてびっくりしました。数ある業者の中から実績も豊富にあり信頼できそうだと感じた業者を選んで問い合わせてみたところ、とても丁寧な対応で料金や塗料に関してもわかりやすく説明してもらえて良いなと感じました。見積もり内容も明確だったし、塗装の期間や保証内容にも納得できたのでお願いすることに決めました。希望した日時から作業を開始してもらえることになったので良かったなと感じたし、隣の家にも挨拶に行ってもらうことができたのでその点も信頼できて助かりました。作業してもらう期間は、塗料が隣の家に飛び散らないように家の周りにシートがかけられたので部屋が暗くなりましたが、それはどこの業者に依頼しても同じことなので仕方ないなと思いました。日中は大半が仕事に行っているので気になることはなかったし、仕上がりに関しても丁寧で満足できました。メンテナンスをあまりしなくても良い塗料はどれかアドバイスしてもらって選んだこともあり、満足しています。

建物の塗り替えで知っておきたいポイントについて

■建物ぬ塗り替えを実践する上で知っておきたいポイントについて

建物の塗り替えを実施する上で知っておきたいポイントとしまして、知っておきたい内容としましては、まずは、外壁塗装に使用されるい主な方法としましては、サイディングと塗装があります。現在の新築塗装で多く使用されている内容としまして、サイディングによる外壁塗装があります。サイディングの外壁塗装では、最近、よく取り入れられている塗装方法としまして、有名であります。それでは、サイディングのメリットとデメリットについて、解説して行きたいと思います。まず、サイディングのメリットとして、壁の基材部分にボードを貼り付ける手法が用いられますので、工期としては、一般的な塗装と比較しまして、短くて済むと言うメリットがあります。塗装工事にかかる時間が短いので、特に工期を意識されている方については短縮した形で臨むことができます。仕上がりについては、ばらつきがないことが特徴的であります。更に、タイル調、石貼り調、木目調など素材のバリエーションも豊富であります。デメリットとしましては、モルタル壁のために、初期費用の額が高くなってしまうと言う所がデメリットであります。劣化が進んでしまいますと、ひび割れが発生するケースについても多くなってしまいがちである所がデメリットである部分であると言えます。

■まとめ

外壁塗装を実施する上で、最近ではサイディングボードが主流である場合もありますが、メリットとデメリットをしっかりと把握しておくことが重要です。

気持ちの良い仕上がり

初の塗装工事だったのですが、事前のお見積り・契約後のご対応・工事開始後の職人様の落ち着きを伴った正確な技術・工事終了後の資料一式と、どの工程をとってもパーフェクトです。 終始、安心してお任せする事ができました。 緊急事態宣言中だったという事もあり、職人の皆様も大変だったのではないかと思いますが、とても感謝しています。 暗いニュースばかりだった時期に、とても気持ちの良い業者様に巡り合えたのは幸せな事だと感じております。お見積り金額は一番安かった訳では無かったのですが、初回訪問時の柳下様の振舞い、ご対応を見ていて直感で決めさせていただきまた。 見積り内容・説明・色選び等、正直ここまでしっかりやっていただけるとは思ってもいませんでしたので、とても感謝しています。 今回の塗装は屋根・外壁・特殊な構造の雨樋・雨戸袋・門・塀・ガレージと自宅をフルでお願いしたのですが、職人の皆さんとても落ち着いた方ばかりで、まったく慌ただしい感じも見せず完璧に工期通り終了しています。 終盤に天気が崩れる事もあったのですが、さすがだと感心しています。 塗装の方はとても丁寧かつ綺麗な仕上がりで大変満足しております。社長含め社員の方皆さんが非常に人柄が良く、気持ちよく作業していただけました。 また、こちらの説明不足による塗り直しがありましたが、快く対応していただけました。 天気が悪い日が多く、なかなか思い通り作業できなかったかと思いますが、一生懸命作業していただきました