外壁塗装をお願いしたのですが

外壁塗装をする理由ということですがまず、一つとしてあるのが見栄えがよくなります。どうしてもボロボロの外壁には見栄えがよくない、という欠点があります。そこが私の場合はかなり気になっていたということです。

定期的に乗り換えるということをやっておいた方が少なくても家を守るという点においては良かったりするのでそのあたりを意識して計画的にやっていました。
現在最も良いとされているのがフッ素系の塗料になります。これは10年から20年は使うことができるようになります。どのような塗料材にしますかということを相手に言われたのですがその時にはやはりしっかりと一番長く使えるタイプのものといいますとやはりフッ素系というものを選ばれることが多かったです。

いくつかのところにしっかりと比較してもらうための見積もりというのを出してもらってそこから選ぶということにしました。足場などを作るということになったわけですが、足場に関してはいくらかは割り引いてくれるということで一番安かったところでお願いすることにしました。

後は屋根です。外壁をぐるり、とという他に屋根の修理というのもついでにお願いすることになりましたから、そちらのほうかも色々と費用がかかるということになります。屋根に関しては瓦を剥がして別の素材のものに、ということになりました。もはや修理という範疇ではないような気もしますが、これはかなりよかったです。

家全体が軽くなったという部分があって、揺れが少なくなったのでちょっとではありますが自身に対しても強くなったような気がしました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*