塗料の選択

ちょうど新築して10年経過してそろそろ外壁塗り替えを考えました。そのときリフォーム業者の広告複数みて、その時初めてガイナ塗料を知ったのです。はじめどの塗料利用しても結局一定の時期くれば塗り替えになってなるべく安く工事済むところに仕様としたのですが、いろいろ調べる中で、外壁、屋根の塗装材料により室内環境が変わるといったことを知って真剣に考えました。

そして考えたことは塗装後の光熱費に違いがあるということ。そしてうちは割と冬場になればほかの人の家に比べて室温低いようになっていて、2階建ての建物ですが居間に階段ついていて、その階段上がれば、すぐ大きなバルコニーに出るための開き戸がつきます。1階の暖かな空気は2階に逃げて、2階の開き戸の隙間から冷気はいるのだと思います。

いくら室内温めてもあまり暖かくならなくて、本当に暖かいと思ったら、その時暖房費膨大で家計を圧迫します。そして結露が多くて、窓下の壁紙が結露ではがれてるところがあったのです。そしてガイナの広告に書かれてた断熱、結露防止効果といったことが気に入って、ここに決めるきっかけとなりました。

そして、外壁、屋根の塗り替えでかんがえはじめいろいろなリフォーム、塗装会社の広告を見て、会社により価格に差があって、正直どの会社が以下、どのぐらい妥当な金額かわからなかったです。

いろいろいてガイナ塗装をしてる会社見積もりは若干高い気がしたのですが、買いな塗装の効果などについて考えれば決して高くないと思ったのです。

塗装の剥がれがひどくなってきて外壁塗装をしました

20年以上住んだことがあって塗装のはがれ目立ってきて新築くされた近隣の家と比べ、どうしても古い感じして思い切って外壁塗装しようとネットで検索して相談したのです。業界最安値ですべて行えるほかの会社見積もりしてもらったのですが、いざ見積もりしてもらうと見積書に塗装代など3項目しかなく、不安に思って断ったのです。

そして営業マンにホームページに書いてないコインパーキング代請求されとても驚きました。こうしたことは大手のほうが安心だと思って、住友不動産に見積相談をしたのです。もらった見積書はしっかり範囲×塗装代など細かく記載されていて、ちょっと値下げに応じてもらったのです。

そして親切な方ではじめにきた方の話してみれば、そうした格安業者はシリコン塗料でなく安いアクリル使うのですぐ劣化すること、下地処理しっかりしてなく、仕上がりとても汚くて、追加料など生きゅす荒れたりすることを丁寧に教えてもらったのです。

そして、料金倍近くて、掃除機安かろう悪かろうでそこまで気にしないと思ってましたが、何年後か再塗装するの考えればちょっと高くても質がいいものにしてみるといいと思って結局住友不動産にお願いしたのです。

そして、作業開始後ミルミルと層が進んで高圧洗浄など何してるか施工中ずうずうしく聞いても丁寧に教えてくれました。2週間で作業が終わって、外壁塗装などによって気持ち断熱性高くなりました屋根塗装は当初考えてなくて、あまり見えなくて大丈夫と思ってました。

10年目の塗替え

建てて10年目といったとき、家がちょっと色あせて新日本ハウスにおねがいして外壁塗装をしてもらったので家立てて10年目の年とそう塗り替えをして知識で10年ごと塗装塗り替えたほうが家長持ちするのが効いたことあったのです。父の定年などタイミング的にちょうどよくて新日本ハウスにお願いして塗り替えてもらうことにしたのです。

ほかの会社で塗り替えかんがえなかったです。ここの担当はとても熱心で、誠実でちょっとでも安くベストな対処かんがえてくれる人。いままで起きた家の不都合すべて新日本ハウス通しお願いしていて、その時も安心してお願いしました。

そして、ウレタン樹脂で塗り替えをして費用3階建てで、足場などいろいろ込みで約100万円程度。そして屋根黒くて3回の厚さをちょっとでも和らげる時屋根白くしようといった父の提案で白く塗ってもらいました。

そして新日本ハウスと話し合って日程を大体決めた数日後、足場やが来て、家の周りの寸法を図ってくれました。そして、次の日狭いし一内にピッタリ、ぎりぎり足場くんでもらい、その2日ぐらい後すべて窓に養生シート貼られて、作業が始まったのです。

そして、外壁きれいにするために洗うようで大きな音が響きました。職人も静かな人で朝と終わった後に挨拶来てくれる程度でいることきづかないぐらいでしたが、気づいたことは教えてくれ、日々あったこと、父が後付けでつけたひさしが壊れてたなど教えてくれました。

築15年の2階建て一戸建て

築15年の二階建て一戸建て住宅です。外壁は全面サイディングボードですが、建築して10年たった頃から、黄緑色だった色が黄色っぽく褪色してきて、手で触ると白い粉がつくようになってきてしまいました。

建築した工務店に問い合わせると、塗装を塗り直す時期にきているという返事で、全面を塗り直すことになりました。サイディングボードは耐久性に優れ、メンテナンスもあまりいらないと聞いていたので、15年で全面的に補修しなければならないのは意外で戸惑いました。

色褪せしていることは気にしなければ機能面には問題ないそうですが、やはり外観としては良くなかったです。和風の家屋でしたので、瓦などが比較的新しい分、バランスが悪く思えました。

塗装は、初回とは少し違う色味を選んで行いました。初回よりは褪色した黄色に近い色味にして、今度は色褪せがあまり目立たないようにしたかったからです。予想外の出費に困っていたら、工務店の方から足場を組まずに柄の長いローラーで二階まで塗っていく施工法を提案してくれ、足場ありよりは費用面で随分助かりました。塗り直し自体は満足できる仕上がりでした。

最初に塗装をする時に見た目や好みを優先してしまって、塗料そのものの耐久性やどれくらいで塗り直しがいるかなどをしっかり考えなかったのは良くなかったと思います。また色味を変えて塗装したことで家の印象はずいぶん変わり、家を建て替えたような清々しい気持ちにもなりました。

逆の発想で、次回は違う色にすることを念頭に、家のイメージを一新する機会と思って予定していくのも良いかと思いました。

350万円の見積

外壁、屋根塗装にかかる費用いくらかかるのか全く知らない私だったのですが、350万円の見積書見て気絶しそうになったのです、私の自宅は築12年で延べ床面積36坪の2階建て。そして350万という、お金かかるものと思っても見なくて、オリジナル塗料で30年耐用年数ある、補修などすべてふうまれてるなど説明してましたが、頭は350万?でした。

そして、いろいろ話をしていて、立地条件、建物規模、外壁劣化状態の条件が当社と希望にあって、値引き絶対に口外しない、工事中当社の旗立ててもらうこと。施工前と後の写真ホームページなどに使わせてもらうことなどで、特別100万円の値引きしてくれるといったことになりました。

そして、実際の状況ですが、私の前で上司らしい方と電話でやり取りしていて、通りに面して35坪以上で外壁劣化かなりすすんでいて、3つの条件に合いますね。等を話し電話を切って何添加条件あるのですが、当社希望の3つの条件合うことを説明して、わたしに飲んでもらえれば特別100万値引きするといった感じです。ダメ押しでこの地区1名様限定で候補者がほかにいて、本日中契約しなくてはこれは無効だということ。

そして、外壁塗装を全く考えてない私ですが、1時間前会った営業マンぢあされた250万の契約書サインしてました。そして営業マンがかえり数時間後パソコン開き契約した会社調べてみれば、訪問販売で騙されてる方がかなりいて、引きました。

外壁塗装をお願いしたのですが

外壁塗装をする理由ということですがまず、一つとしてあるのが見栄えがよくなります。どうしてもボロボロの外壁には見栄えがよくない、という欠点があります。そこが私の場合はかなり気になっていたということです。

定期的に乗り換えるということをやっておいた方が少なくても家を守るという点においては良かったりするのでそのあたりを意識して計画的にやっていました。
現在最も良いとされているのがフッ素系の塗料になります。これは10年から20年は使うことができるようになります。どのような塗料材にしますかということを相手に言われたのですがその時にはやはりしっかりと一番長く使えるタイプのものといいますとやはりフッ素系というものを選ばれることが多かったです。

いくつかのところにしっかりと比較してもらうための見積もりというのを出してもらってそこから選ぶということにしました。足場などを作るということになったわけですが、足場に関してはいくらかは割り引いてくれるということで一番安かったところでお願いすることにしました。

後は屋根です。外壁をぐるり、とという他に屋根の修理というのもついでにお願いすることになりましたから、そちらのほうかも色々と費用がかかるということになります。屋根に関しては瓦を剥がして別の素材のものに、ということになりました。もはや修理という範疇ではないような気もしますが、これはかなりよかったです。

家全体が軽くなったという部分があって、揺れが少なくなったのでちょっとではありますが自身に対しても強くなったような気がしました。

外壁塗装は高かった。

私の実家の昭和に建てた家の外壁塗装についての体験談です。実家は二階建て、木造、と外壁塗装を定期的にしなければならない建物でした。しかし、父は外観がどうであってもかまわないという性格でなかなか外壁塗装をしようとはしませんでした。
そのため、外壁の塗装はボロボロになってしまっている時期がありました。

そんな時、外壁塗装の業者が訪ねてきたのです。
見積もりはなんと50万円。よくわからない父は言われるがままに契約してしまい外壁塗装をしてもらいました。
結果はきれいになったのですが事業をやっていた妹に話したところ、「もっと安い業者があったに違いない。見積もり1社で頼んでしまう父は馬鹿だ」と怒っていました。

父は、きれいになったし自分で払ったので納得していたようですが妹はもっと安い業者に頼ませたかったようです。
昭和の1軒屋の外壁塗装。50万円は確かに高かったと思います。妹が言うには30万くらいでやってもらえるところもあったに違いないとのことでした。

父は、年寄りだしお金もあると業者に見込まれてぼったくりにあったのだと思います。50万で済んだのはまだよかったのですが今後は注意していきたいと思います。

 

まとめ:外壁塗装するときは見積もりは最低でも3社は取ったほうがいいとのこと。その中で安いところにさらに交渉して安くするという手段があるそうです。
1社で決めてしまうのはなんとももったいない。お金がもったいなさすぎるとのことです。

綺麗に塗ってもらえました

我が家は大手のハウスメーカーで家を建てました。家が建った後にも定期的に点検をして貰えます。家を建ててから15年点検の時に、業者の方にそろそろ外壁塗装と屋根塗装をした方が良いと言われました。

金額が150万円程必要という事なので、あまりに高額で驚いてしまいました。しかし雨漏りになってしまうのが嫌なことと、家を長持ちさせたいという思いから外壁と屋根の塗装をすることにしました。この2つを同時に行ったのは、折角足場を組むならば一度に全部のメンテナンスをした方が良いと考えたからです。ハウスメーカーの営業マンが自宅に来てくれて打ち合わせをしました。色が好きな色に変えられるという事でしたので、黒い屋根を赤に変えて白い外壁は薄いピンクにすることにしました。色を変えることで家の印象が変わって新鮮です。気になったことは、ハウスメーカーの営業マンと現場監督との連絡が出来ていないことが多く、現場監督に重要なことが伝わっていなかったということです。

ハウスメーカーで頼むと安心感があると思っていましたが、このようなことが起きるのは少し不満でした。最初は男性が5人ほど来てくれて、1日がかりで足場を組みました。そのあとは男性が2人で来てくれて塗装をしてくれました。作業は2週間ほどで終了しました。屋根と外壁の仕上がりも綺麗でしたし、作業員の方がその日にどのような作業をするのかを毎日説明してくれるのでわかりやすかったです。

1回限りの素人より数を熟す業者のほうが安上がり

私の趣味はDIY、簡単なリフォームなら休日を使って自分1人で出来る、外壁塗装もネットで調べると素人の私でも出来そうな気はするのですが、トータル的なコストを考えると専門の業者さんに任せたほうが安上がりでした。

外壁塗装をするのにお金が掛かるのは人件費・塗料代・足場代、それなりに稼いでいる私が有給休暇を取るより業者さんの人件費のほうが安い、ネットが普及した今日では素人でも専門家が使うものと同じ塗料を購入できるため、今どき塗料で儲けようとする業者は少ない。

私にとって一番のネックは足場、素人の私でも足場を組むことは出来るのですが、単管パイプ等を買うとなると大変なお金が掛かる、家を囲うだけの単管パイプを揃えると置いて置く場所はない、業者に足場を組んでもらうにしても1回限りの私では安くしてもらえない。

色々検討してみたのですが自分がDIYで行うより業者さんに任せたほうが安がり、何より安全、数ある業者の中でも外壁塗装を専門に手掛ける業者の見積もりが最も安かったです。

外壁塗装の専門業者だけあり扱っている塗料のバリエーションは豊富、お金を支払う立場としては安いに越したことはないのですが、私が気になったのは断熱効果のある塗料。塗るだけで室内の温度を下げられると聞いた時は疑ったのですが、日焼け止めを塗るだけで日焼けしなくなると説明を聞いて納得、多少高かったのですが断熱効果が期待出来る塗料で外壁塗装をしてもらうと、昨年の夏より快適に過ごせたような気がしました。

外壁塗装で生活レベルが明らかに

私が住んでいるのは同時期に建てられた一軒家が建ち並ぶ住宅街、家を建てたのはいずれも同じ建築会社、そのため新築時は他の家と見栄えの差はありませんでしたが、築年数が経つとメンテナンスの差によって違いが生じてきました。
家を建てたのは同じ建築会社でもメンテナンスを行う会社は各家庭で異なり、また、メンテナンスを行う時期も各家庭で異なります。
どこの家庭も家を購入するのは大変なこと、家のメンテナンスが必要な時には子供の教育資金が必要になることも多く、各家庭の経済格差によって家の見栄えは変わってきます。

最初に外壁塗装をしたのは高級車を持っているお宅、隣の家がキレイになると、つられて隣の家も外壁塗装をするようになったのですが、子育て等でお金がないと外壁塗装が出来ない、したとしても安い塗料では時間が経過すると安いなりの見栄えになるため、外壁塗装代をケチったことは周囲の人にバレてしまいます。
周囲がキレイになると私の家でも外壁塗装をすることになり、どの塗料を使ったほうが良いのかは、業者さんが周囲の家を回って教えてくれ、経年劣化しているのは〇〇(塗料)と分かり、私の家では粘性の高い塗料を無理して使うと、10年経った現在も雨が降ったあとは塗装したてのようにキレイです。

外壁塗装をする家が多くなると、どこの業者が良いとか悪いとかは知られるようになり、評判の悪い業者さんは立ちションや喫煙マナーが問題に、評判の良い業者さんは近隣への挨拶等をシッカリ行うため、今では施工前から仕上がり具合が分かるほどになりました。
外壁塗装は個人の家だけの問題ではなく、景観は周囲にも影響を及ぼすため、塗料だけでなく業者選びも重要です。

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで