外壁塗装で生活レベルが明らかに

私が住んでいるのは同時期に建てられた一軒家が建ち並ぶ住宅街、家を建てたのはいずれも同じ建築会社、そのため新築時は他の家と見栄えの差はありませんでしたが、築年数が経つとメンテナンスの差によって違いが生じてきました。
家を建てたのは同じ建築会社でもメンテナンスを行う会社は各家庭で異なり、また、メンテナンスを行う時期も各家庭で異なります。
どこの家庭も家を購入するのは大変なこと、家のメンテナンスが必要な時には子供の教育資金が必要になることも多く、各家庭の経済格差によって家の見栄えは変わってきます。

最初に外壁塗装をしたのは高級車を持っているお宅、隣の家がキレイになると、つられて隣の家も外壁塗装をするようになったのですが、子育て等でお金がないと外壁塗装が出来ない、したとしても安い塗料では時間が経過すると安いなりの見栄えになるため、外壁塗装代をケチったことは周囲の人にバレてしまいます。
周囲がキレイになると私の家でも外壁塗装をすることになり、どの塗料を使ったほうが良いのかは、業者さんが周囲の家を回って教えてくれ、経年劣化しているのは〇〇(塗料)と分かり、私の家では粘性の高い塗料を無理して使うと、10年経った現在も雨が降ったあとは塗装したてのようにキレイです。

外壁塗装をする家が多くなると、どこの業者が良いとか悪いとかは知られるようになり、評判の悪い業者さんは立ちションや喫煙マナーが問題に、評判の良い業者さんは近隣への挨拶等をシッカリ行うため、今では施工前から仕上がり具合が分かるほどになりました。
外壁塗装は個人の家だけの問題ではなく、景観は周囲にも影響を及ぼすため、塗料だけでなく業者選びも重要です。

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで

塗装屋に電話して探してみた

わたしが外壁塗装料金220万を90万円にした話をしますが、その営業マンは日曜午後に来て、こんにちわ、家のリフォームの話してくれないですか?といっていました。はじめわたしは断りましたが、ちょっと話聞いてみようとしたのです。こちらの家の外壁かなりいたんでおり、外壁塗装の提案の時間いただければということで。そしてほとんどの人はそうでしょうが、私も家にきた営業マンの話を聞き見積もりとてもらったのです。

 

そしてその額は220万円の費用がかかると書いてありました。そして、実際220万円の金額で塗装工事依頼できなくて、娘の塾、学費もかかってきて、簡単に払える額ではありません。自分で塗装屋に電話してさがしてましたが、ちょっと柄悪い対応されて、こちらは見積とることをしなかったです。そしていい業者がないかと探していたら、外壁塗装駆け込み寺でしてみてもらえればわかりますが、有料外壁塗装業者から一括見積サイト記載あります。

 

これ試しに連絡してみようと思い、使った感想ですがかなり便利です。そしてはじめ半信半疑だったのですが、高い見積額をまた出されるのではなど心配全く気にしてなくてもよかったです。女性オペレーターとしか話してない、全国500社の優良外壁塗装業者、数社から一括見積とれる、心配事など何度でもチェックできるなど本当にこれは良かったです。そして女性だからいい、男性だからダメといったことはないですが、リフォーム、工事した現場などガテン系職人気質の方が多く言葉遣い荒かったりします。

自分の要望をコンシェルジュに伝えた

わたしは新築時に知り合い業者を信用してすべて任せたのですが、とても後悔しています。それは知り合い工務店に依頼して言いたいことが言えなくて、見積時適正価格でしたが、工事終われば230万の追加請求されたり、ところどころ手抜き工事などがありました。そして、外壁塗装工事なるべく安く済ませたいといった方の多くは私みたいにネットで調べるでしょう。そして外壁塗り替え相場は30坪相場80万などがありますが、うちは60坪で大体120万〜130万ぐらいです。そして、ある塗装業者のホームぺージは安い業者に注意しろとあります。

 

しらべるうち塗料種類により料金違うのは理解できて、ネットで外壁塗装業者の費用比べるほど本当のことわからなくなり、どこ依頼すればいいのか決められなかったりします。そして、外壁塗装工事もリフォーム工事も費用に名ッとこうしてこれから長く付き合えるような業者を選ぶには業者比較サイトの専門家に相談してみてください。そして、わたしの要望はなるべく安くしたいこと、塗装専門会社とリフォーム会社どちらがいいのかわからず教えてもらいたい、悪徳業者に騙されたくないということ。

 

最大5社まで紹介してくれたリショップナビですが、見積依頼を入れれば専門コンシェルジュが電話をしてくれます。そして要望を伝えたのですが、私はなるべく安くしたい、塗装専門会社とリフォーム会社どちらがいいかわからず教えてもらいたいなど言いました。そして、わたしは外壁塗装だけの見積もり、内装など含めた見積もりそれぞれ3社に出してもらったのです

外壁塗装はその家の家計を表している

我が家の近隣には同時期(20年ほど昔)に建てられた一軒家が建ち並び、子供家族と2世帯で住む為に建て替えをする家もあれば、リフォームをする家も、前々から劣化が気になっていた我が家は外壁塗装をすることになりました。
近隣の家も同時期に建てられているため、どこの家も外壁の劣化が見られるのですが、各家庭で家計の事情は異なり、余裕が無いと外壁塗装をすることは出来ないため、経済的に余裕が有る家庭から外壁塗装が行なわれています。

つまり、外壁塗装はその家の家計を表していると言っても過言ではなく、他の家が綺麗になる中みすぼらしいのは恥をさらすのと同じこと、そのため一軒が外壁塗装をすると追随する家が多いです。
外壁塗装はピンからキリまであり、塗装したばかりの時には大差ないのですが、2.3年が経つと、塗装費用をケチった家では外壁の輝きがくすみ始め、砂埃や苔が付着をしています。

外壁塗装の内訳で唯一の選択肢は塗料、どの塗料も作業工程に差はないらしく、長持ちするかしないかは塗料の違い、話を聞いただけでは分からないため、業者さんと一緒に近隣を回り、あの家の塗料は〇〇を使っている、費用は○○ほどで済むと教えてもらえたので、素人の私でも理解をすることが出来、5年経った現在も我が家の外壁は綺麗に輝いています。

外壁塗装をすると近隣に多少なりとも迷惑を掛けるため挨拶は不可欠、塗装の評判が良い業者さんは教育が行き届いており、タバコを溝に捨てたり、公園でオシッコをするようなことはないのですが、数年で劣化が見られる塗装をするような業者は良い評判を聞かないため、業者選びをする際にはネットの口コミを参考にすべきだと思いました。

安くしてもらった経験

我が家が築23年の木造住宅で防ハウスメーカーの家であり、築8年の時に中古住宅で買った家でわたしはハウスメーカーとつながりなくて、外壁塗装は前回も自分で好き勝手選び依頼をしたのです。そして今回の塗装も地元塗装屋に声をかけて、前回の会社含め3社から査定してもらいました。

査定もらった中とても安いのが110万という査定で、できればもっと安くならないかと思っていて、さらに値切りました。その時色にこだわらないので塗装屋に都合いい色を使ってもらい可能だといった条件を提示したのです。

そのかいあり110万という本来の査定額が80万にしてもらえたのです。ある日仕事終わり帰宅したとき該当に照らされた我が家を見て、1階2階の色違ってツートンカラーになってるのがわかりました。そして見た瞬間家を間違えた後思ったぐらいです。翌日朝仕事いく時間2時間おくらせてもらって塗装職人待ち構えツートンカラーの理由をきいたのですが、色任せてもらってokと聞いていて、予算下げられるよう都合いい塗料選んだ結果とのこと。

そしてツートンカラーは塗り方あるのかと思ってなくて、びっくりしたのですが、使う塗料は査定時の説明通り、アクリル系塗料であり耐久性など問題ないので安心でした。色をよく見れば1f部分が濃いグリーンで2階部分がホワイトで、どちらか1色のほうがよかったのですが、本来の出費より30万安くしてもらっていて、諦めました。

そして、色を任せるときも色数、タブーにしてもらいたい色あればしっかり伝えましょう。

熱交換塗料の実態

昨今外壁塗装は外観はもちろん作業性、詳しく申し上げますと作業時間、溶剤臭、もっと贅沢申し上げますと最近では遮熱性や職人に頼まずして自分で塗装できるぐらい簡単な塗料の開発を巡って大手や中小零細不問で各塗料メーカー凌ぎを削っています。特にホームセンターに行けば覚え切れないほどの遮熱塗料が売られています。

そこで今回はそのような遮熱塗料と一線を画する熱交換塗料を使用して外装から実際その建物で住んでみた実態を紹介したいと思います。
まず熱交換塗料は溶剤性塗料と水性塗料がありますが、ここは溶剤臭の危険性を除去し安全性を確保すべく水性塗料の方を選択しました。

そして作業性はこの塗料は液体というよりかなりドロドロしておりますのでよく撹拌して均一化するのには一苦労しました。しかしながら実際の塗装作業性はこの塗料そもそも艶がないタイプですのでローラー塗りしますと職人が塗るのと私のような素人が塗るのと大差なくあまり腕は不要でした。

これが溶剤性タイプの方でありますとやはり使っている材料の中にかなりきつい臭いのするものが混入されていて、なおかつ主剤と硬化剤を組み合わせるいわゆる二液型タイプで作業時間にかなり制限がかけられてしまうということでした。しかも塗装仕上がりは水性塗料とも大差ないということでした。

さて実際その建物に住んでみたところ、暑い夏場に効果を発揮するという触れ込みでしたが、夏場は従来の遮熱塗料より涼しく感じ、それから寒い冬場にも普通よりは温かく感じられました。

 

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで

現場検査費などを請求されたりする

外壁は紫外線、雨水に含まれてる酸や排気ガスなど常に過酷な環境であり、どうしても劣化して来るのです。そして劣化放置していれば、外壁の下地材腐ってきたり、ひどくなれば柱など構造材が腐ってきたりします。

そして家全体腐食進んだ状況で回収すれば外壁はがし工事しなくてはならず、とても大変な工事になって、莫大な費用が掛かるのです。そうしないように10年ぐらいの単位で塗装をしていけば安心して家に住めるのです。

そして、塗装は費用大きいものでちょっとでも安く塗装したい、そして技術確かな業者にお願いしたい人は外壁塗装コンシェルジュサービス利用してみてください。また、塗料にもアクリル塗装などいろいろ種類あって、それによって耐久性が変化してきますが、どういう塗料使ったときいくらの費用になるのか相場知るのはとても役立てられ、私もこのサービスを利用して、第三者の専門アドバイザーで価格しっかり比較できて、より信頼できる業者は探せたりしました。

そして、訪問営業はクーリングオフ精度があって、これで工事契約無効になっても材料もう手配して材料代払ってなど高額費用請求されたりすることがあります。そして、ひどければ勝手に壁触ったり家を見て、現場検査費用なるもの請求されたりすることも聞いてます。

そして外壁粗糖など飛び込み営業に来るようなことがあれば、はっきり断りの意思表示してください。そして、コンシェルジュサービスはお断りの連絡代行してくれてとても気が楽です。

まるで新築のようになりました。

我が家は妻の両親と同居することになったので、10年前に二世帯住宅を建てました。
建坪は50平米くらいですが、3階建ての割と大きな建物です。
建てる時に散々迷ってヘーベルハウスに決めたのですが、その時に外装の塗装の話を聞きました。

10年後と、更にそれから5年後に、メンテナンスを兼ねて外装の塗装と屋上の防水工事を行なうという話です。
そして今回、ちょうど10年が経ったので、外装の塗装と防水工事。
そして家全体のメンテナンスをやってもらう事にしました。
まず最初に全体のメンテナンスを行ったのですが、大切にしてきたので緩んだネジを締める程度で済みました。
そして外壁の塗装と防水工事に入ったのですが、来て下さった塗装業者の方たちがとても良い人ばかりで安心でした。

まずは近所への挨拶。
近所にちょっとうるさい人がいるので心配していましたが大丈夫だったようです。
そして足場を組んで、車や自転車にシートをかぶせて安全対策。
すごく細かいところまでやってくれたので、とても良かったです。

そして約1ヶ月くらいかかったのですが、無事にすべての作業が終了しました。
作業中、一切のトラブルもなく、普段と変わらない生活を送ることが出来たのが何より有難かったです。

外から見ると、まるで新築のようでした。
外壁の色も若干変えたので、以前よりも高級感が出たように思います。
正直300万円以上の出費は痛かったのですが、ここまで見違えるようになったので仕方ないですね。

次は5年後に再度お願いするつもりです。