塗料の匂いに敏感な娘

“匂いに敏感な子を持つ母親としては、外壁塗装には気を遣う。
近所で塗装が行われると、最初に気付くのは小学生の娘、窓ガラスを締めていてもシンナーの匂いを娘は感じる。
換気をしても、一度部屋に入ったシンナーの匂いは無くならない、匂いに敏感な娘にはムスクを付けさせ奥の部屋に移動。
単に匂いがイヤなのではない、塗料の匂いを嗅いでしまった娘は、喉が痛い、目がチカチカする、気分が悪い、酷い時には肌が痒くなる。
人様の家の外壁塗装でも大変なのに、自宅の外壁塗装をしたら娘はどうなるのだろう?
匂いに敏感な子供もいるため、学校の外壁塗装は授業がない夏休みに行われることが多いのだが、私と夫は共働きのため、いつまでも娘と一緒というわけにはいかない。
自宅の外壁塗装をするには3週間ほど掛かる、私と夫が働きに出ている時は、私の実家で娘を預かってもらう。
夜は娘を自宅に連れて帰るのだが、塗料を塗ったばかりの自宅は匂いが強い。
外壁塗装には適した時期がある。梅雨は雨の降る日が多いため一般的には外壁塗装には適さないのだが、私の自宅はあえて梅雨の時期に塗装をしてもらった。
梅雨の時期でもずっと雨が降っているわけではない、降る日もあれば降らない日もある。
雨が降っていても、家の外壁は地面に垂直なため、よほど強い雨でなければ濡れない。風が吹いていても、外壁塗装をするには塗料飛散を防ぐために防護ネットが張ってあるため、外壁が横から濡れることはない。
雨が降っている、雨が降っていなくても梅雨の時期は湿気が多いため、塗料の匂いは軽減される。
梅雨の時期でも匂いに敏感な娘は塗料が気になるため、家に居る時はずっとマスクをしている、肌も敏感なため室温は高くても長袖の洋服に長ズボン。
晴れて業者さんが仕事をしている時は、極力、外で遊ばせる。
これからも娘は生きていかなくてはならない、1人でも生きて行けるようにするのが親の務め。”

灯台下暗し

“初めて外壁塗装をすることになった。義父は「家を建てた建築会社に外壁塗装をしてもらうのが良い」と言うが、建築会社が外壁塗装をするわけではなく塗装業者に丸投げするだけ。
マージンが発生する分、外壁塗装代は高く付く、建築会社は業者価格で安くなると言うが、私は信じない。
病気になった時には専門の治療科を受診する、外壁塗装も専門の塗装業者にしてもらったほうが良い。
何処の塗装業者が良いのだろう?
塗装業者のホームページを見ても、どれも似たようなことが書いてある、訪問営業をしている業者には気を付けろとも書いてある。
割引率が高いのは、元の値段を高くしてあるだけと書いてある、塗料の価格には相場があるため、他と比べて塗料代が安い場合は、他を高くしてバランスを取っているとも書いてある。
塗装業界の裏ネタも書いてあり、そんなことまで公表して良いのだろうか?と心配になる。
良いことだけでなく悪いことも書いてあると、信ぴょう性は増すだろうが、色んなことが書いてあると何処の塗装業者にして良いのか、どんな塗料を使えば良いのか、いつ塗装をしたら良いのか迷ってしまう。
専門家に決めてほしいのだが、塗装業者のホームページには「言いなりになるな!」とも書いてある、どうしよう?
家の近所にある塗装業者は年配の従業員ばかり、その塗装業者をネットで調べたが何も出てこない。
今どき、ネットに載せなくて商売は成り立つのだろうか?
商売が成り立っているから、従業員は歳を取っても働けるのだ。
家の近所にある塗装業者が近所の外壁塗装をしていた、歳の割に刷毛を持つ手は機敏、昼の休憩時間は90分と長いのだが、その分、遅くまで作業をしている。
近所のため、高齢の従業員は歩いて帰って行く、その後ろ姿が妙にカッコイイ。
妻、「良いんじゃない、ご近所だし」
私、「そうだね」
自分の親ほどの年齢の方に外壁塗装をしてもらうのは気が引けたのだが、外壁塗装が終わってからも会えば声を掛けてくれる、大雨が降った翌日には「雨漏りはしなかったか?」と気遣ってくれる。
血の繋がりは無いのだが、家族のような温かい気持ちでいられる。”

支給と助成があっても私に得は無し

“私の家族は妻と3人の息子、最近生まれた赤ちゃんの計6人、1人10万円のため6人家族だと計60万円が支給された。
1人10万円支給されることは小学生の息子たちも知っており、「父ちゃん、俺の10万円をくれ」。
生活のために支給された60万円、息子のオモチャ代になるのはオカシナこと。
私、「あげない」
息子、「◯◯君は1万円をもらったと言ってたぞ」
私、「1万円が欲しいなら、◯◯君のところの子供になりなさい」
お金が貰えないと分かった息子は、怒って子供部屋へ行ってしまった。
息子達が寝てから、
私、「お小遣いを上げてくれない」
妻、「何処に、そんなお金があるの?」
私、「支給された60万円があるだろ」
妻、「あのお金はダメよ、家の外壁塗装をするのに使うのだから」
お小遣いを上げてもらえな私は、怒って寝室へ行った。
翌朝、出勤のために家を出た私は自分の家の外壁を見た、妻が塗装をすると言うのも分からないでもない、自宅の外壁は劣化が進んでいた。
それから2ヶ月後、仕事を終え家に帰ると、自宅の周囲はネットで覆われ業者さんによる外壁塗装の準備が始まった。
外壁塗装をすれば私のお小遣いは上がらない、ネットで覆われてしまうと、今さら外壁塗装を辞めてくれとは言えない。
それから1ヶ月後、仕事を終え家に帰ると、覆われていたネットはなくなり、外壁塗装された自宅はキレイになっていた。
妻、「キレイになったでしょ?」
私、「うん」
妻、「それだけ」
私、「うん」
自宅がキレイになるのは嬉しいが、私としては自宅がキレイになるよりお小遣いを少しでも上げて欲しかった。
3人の息子、「父ちゃん、おかえり」
私、「ただいま」
3人の息子、「父ちゃん、良いのを見せてやろうか?」
私、「うん」
3人の息子が子供部屋から持って来たのは、私が見たことのないオモチャ。
私、「どうしたの、そのオモチャ?」
3人の息子、「母ちゃんに買ってもらった」
妻、「助成金が出たから、家の外壁塗装は思っていたより安く済んだのよ」
私、「だったら、僕のお小遣いを上げてよ」
妻、「それは出来ない、子供たちにオモチャを買っちゃたから」
私、「えー」
お小遣いを上げて貰えないと分かった私は怒って寝室へ行くと、赤ちゃんが泣いていた、僕だって泣きたいよ。”

禿げの家の屋根が剥げていてはシャレにならない

“天気が良いため、私・妻・娘の3人で家の近くを散歩した。
娘、「お父さん、頭は熱くない?」
私、「熱くないよ」
妻、「日射病になるから帽子を被ったら」
私、「被らない」
娘、「被らないなら、帽子を持って来なければ良いのに」
妻と娘は私の健康を気遣ってくれているのではない、髪が薄い私をディスっているだけ。
帽子を被ったら頭が蒸れて髪は抜けてしまう、帽子をわざわざ持って来たのは、万が一、知り合いに会った時のため。
裏山に登ると見晴らしが良く、私の家も良く見える。
妻、「うちも、そろそろ塗装をしないといけないね」
私、「まだ良いよ」
娘、「ダメよ、うちの屋根だけじゃない、塗装が剥げているのは」
剥げというキーワードに私は敏感、敏感に反応した私に敏感なのが妻と娘。
娘、「前回塗装をしたのはいつ?」
妻、「貴方が高校に入った時でしょ、覚えてないの?」
娘、「全然覚えてない」
私も妻も前回塗装をしたのは、娘が高校に入った時であることをハッキリ覚えている、なぜなら、娘の高校入学費用と塗装費用を捻出するのに苦労したから。
妻、「今回の塗装に掛かるお金は、貴方も出してよ」
娘、「どうして私がお金を出すの?結婚したら私はこの家を出て行くのよ」
妻、「少しくらい親孝行をしなさい。親孝行したいときに親はなしって言うでしょ」
娘、「えー」
家に帰ってアルバムを見ると、塗装したばかりの家の前で、制服姿の娘がニッコリ笑っていた。
ニッコリ笑う娘の横には私が映っており、どうやら、その写真を撮ったのは妻。
昔の私が映る写真を見て妻と娘は笑った、2人が笑うのは無理もない、10年前の私は髪がフサフサしていたのだから。
妻、「この10年で何があったの?(笑う)」
娘、「・・・(笑)・・・」
この10年で特別、何かがあったわけではない、普通に暮らしていただけ。
普通に暮らしていただけでもハゲるのは屋根の塗装も同じ、何もせず放っておいたら、妻と娘からは「貴方が禿げているから屋根も剥げるのよ」と言われてしまう。
知人には私と同じで髪の薄い者はいるが、笑い者にされたくないのか、家の塗装はしっかり行われている。”

塗装は全体や細部も塗り忘れないこと

塗装では細部への集中力が必要になります。もちろん、日曜大工程度なので素人ですし、その素人の塗装ですから仕上がりもプロ並みとはいかないものです。塗装をするようになった当時は、細部にこだわり過ぎていたため、全体が見えなくなっていました。一度目を塗り過ぎるときは素地と色が違うので塗り忘れはしませんが、重ね塗りするときに木口や木端を塗り忘れることがありました。気がついたら塗り足していますが、生乾きのときに塗り足すと、その部分が剥がれやすくなるので計画性を持つべきだと思っています。どの面から塗布するのか、一度塗るものをじっくりチェックしてから塗装に入るようにしています。広い面は木目に沿って塗料を配るような感覚で大まかに塗るようにしていて、これは、同じ面で塗り時間の差が出て、塗りムラになることのないよう、一気に仕上げるテクニックとして自己流で取り入れています。配った塗料が均等になるようにならすにしても、木目に対して垂直にハケは動かすようにしていて、均等になりやすいと思います。失敗できない緊張感もありますが、修正はできるのでリラックスして行います。ここで、塗料の厚みに薄い部分が出たら追加しています。最後に、また木目に沿って全体をハケでなでて仕上げますが、素人がやりがちなのは新たに塗料をつけることですが、個人的に必要はないとも思います。逆に、広い面もスピーディーに仕上げることを意識したほうが良いと思います。

外壁塗装はその家の家計を表している

我が家の近隣には同時期(20年ほど昔)に建てられた一軒家が建ち並び、子供家族と2世帯で住む為に建て替えをする家もあれば、リフォームをする家も、前々から劣化が気になっていた我が家は外壁塗装をすることになりました。
近隣の家も同時期に建てられているため、どこの家も外壁の劣化が見られるのですが、各家庭で家計の事情は異なり、余裕が無いと外壁塗装をすることは出来ないため、経済的に余裕が有る家庭から外壁塗装が行なわれています。
つまり、外壁塗装はその家の家計を表していると言っても過言ではなく、他の家が綺麗になる中みすぼらしいのは恥をさらすのと同じこと、そのため一軒が外壁塗装をすると追随する家が多いです。
外壁塗装はピンからキリまであり、塗装したばかりの時には大差ないのですが、2.3年が経つと、塗装費用をケチった家では外壁の輝きがくすみ始め、砂埃や苔が付着をしています。
外壁塗装の内訳で唯一の選択肢は塗料、どの塗料も作業工程に差はないらしく、長持ちするかしないかは塗料の違い、話を聞いただけでは分からないため、業者さんと一緒に近隣を回り、あの家の塗料は〇〇を使っている、費用は○○ほどで済むと教えてもらえたので、素人の私でも理解をすることが出来、5年経った現在も我が家の外壁は綺麗に輝いています。
外壁塗装をすると近隣に多少なりとも迷惑を掛けるため挨拶は不可欠、塗装の評判が良い業者さんは教育が行き届いており、タバコを溝に捨てたり、公園でオシッコをするようなことはないのですが、数年で劣化が見られる塗装をするような業者は良い評判を聞かないため、業者選びをする際にはネットの口コミを参考にすべきだと思いました。

塗装 東京都北区

新築より光った家になりました。

私の家は築13年でハウスメーカーで建てたものだったんですが、塗り替えはメーカーに依頼するつもりだったんです。そしたら、シンニッケンと言う会社から電話がかかってきて、怪しいと思ったんですが、電話対応の方が感じのいいかただったので見積りを依頼しました。家の外壁のデザインを残したままクリアーな塗装があることを教えて頂き、下地から完全防水の塗料を塗るので長持ちがするとのことでした。高分子ポリマーなので、傷みに染み込みやすやすいく、汚れもつきにくくなっているとのことでへーと納得のいく説明をしていただけました。サンプルを持ってきてくれてイメージしやすかったです。あとは値段次第と言うことになり、施工前後の写真を撮って見本に使う許可を出してくれたら消費税込みで108万と提示され即決で決めました。ハウスメーカだと見積りが140万だったので、シンニッケンの方が安いし、丁寧に説明もしてくれたので知らない会社でしたが全国ネットの会社員とのことで安心はしました。高圧洗浄で綺麗にして頂き、玄関先のアプローチまでサービスで洗浄してくれました。壁が少し傷んで剥がれている部分は、壁の地の色を塗ってもらいそれからクリアーを塗っていただき本当に丁寧で親切に仕事をしてくれたので感謝しています。艶のある塗料なので新築みたいになり家族ともども喜んでいます。また、塗料のメーカー保証もついていますし、施工後もその後どうですか?問題ないのですか?とアフターフォローもしっかりされているので次回塗り替えの時もシンニッケンさんにお願いしようと思います。

現状を見にきて診断してくれる

わたしは外壁塗装一括見積サイト利用し外壁塗装してくれるリフォーム会社探しました。外壁塗装の一括見積サイト利用した何よりの理由として複数業者のリフォーム提案聞きたいのです。このように死体などイメージあってもしょせん素人の考えで、その通りリフォームがいいか悪いか、できるかできないかわからないです。書して何をしたいかだけ伝え、手確リフォーム会社から私にあったリフォーム案をもらって、その中で比較して決めたいのです。そして、外壁塗装一括見積サイトは希望記入して一度送信して複数社から返信もらえて、自分であちこち問い合わせる必要性がなくて、便利に利用したのです。そして実施2010年にリビング、和室など大がかりな外装リフォームをしていて、このとき同じようにリフォーム一括見積サイトを利用しょいたのですが、そのときいいリフォーム会社に出会って素敵なリフォームしてもらえました。そしてよさそうなリフォーム会社見つけて、いよいよ現地調査ですが、外壁塗装を調べてみれば、費用相場などツボ数でのってますが、まったく同じ家はどこにもなくて、周辺環境も様々です。そして正確な見積額知りたければ、現地調査依頼してみる方法しかないです。そして営業担当が家に来て現状を見て診断します。私たちが見ただけでわからないような必要リフォーム、逆に不必要リフォームなど教えてくれるのです。そして3社見積提案比較して最終的に外壁塗装はf社に依頼をしたのです。

シリコン塗料を塗りました

新築で家を建てて10年経過して、外壁白く粉いたみたいになっていて、塗装の方法を考えました。そのころ飛び込みリフォーム会社の営業車がたびたび来たのです。そしてそれぞれの工務店は有名なところも知らないところまおって、それぞれの会社から提案するプラン見積もりもらってたのです。

結局近所で塗装工事してた会社に決めて、工事してるところが近所で、通勤途中見ることが多くて、安心感あったことや、屋根は3年ほど前塗り替えしていて、こちら希望の工事内容と金額予算的にあっていました。

そして工事内容ですが、工事見積途中2階部の窓周りから水しみこんでる所が見つかって、その部分含め水漏れ防げるようお願いしたのです。そして塗装屋から勧められたアステックペイントのシリコンフレックスというシリコン塗料に下ました。そして工事やってよかったのは、水漏れ部を早く見つけられたこと。職人に話聞いてみれば窓周りのシマイというのが建てる時点で悪くて、その以外の場所も今後同じようになるケースがあるとのことで、窓枠冊子まわり重点的に補修しながら丁寧にチェックし工事してもらって安心できたこと。

そして家建てたころそれがはやりみたいでしたが、上下分けてるツートン外壁は塗料余る材料多くて余分い費用がかかり注意しましょう。・そして、なるべく屋根、壁は一緒にしたほうが足場台など取り外し付帯工事代など二重にかからなくていいです。足場代、かなり出費になるからです。

ほんとに塗装の効果あるの?

ガイナ塗装をしてから2年経過して、いま不具合はなくて、一番の変化は冬場の結露がなくなりました。1年目の冬本当に塗装の成果と半信半疑でしたが、2年経過しても同様で、これはガイナ塗装の効果だと思ったのです。結露で浮いていた壁紙もどうせはがれてしまうなら張り替えても意味ないと思ったのですが、室内の結露なくなって一度貼り返してみようと検討中です。

そして冬場の室内の寒さ和らいだように感じて、暖房を以前より高く設定してることもないのに室内冷えることなくなって快適です。塗装前、塗装後はとても室内環境が快適になれました。そして初めリフォーム、塗装会社の広告見くらべてガイナは高いと感じられるでしょう。

ですが、その効果実感すれば決して高い値段ではありません。塗り替えはどの業者、塗料を選んでも決して安いか買うではなくて、必ずしなくてはならないのなら、行ったあとちょっとでもやってよかったと思えるものを選んでみてください。その点でいえばガイナ塗装は便利でした。

そして、ガイナ塗装は日進産業の塗料で、塗料の中に配合される中空ビーズが断熱材効果を発揮して塗膜自体断熱効果出してくれる塗料なのです。そして、中空ビーズに入った紫外線はプリズム効果で反射、屈折繰り返すことで熱をさえぎって、室内に伝わるエネルギー量を減らすことへ導く遮熱効果発揮するのです。

そして、今までない中空ビーズ入り効果が一般的塗料で発揮できない断熱など高い機能性発揮するのです。